パテイシェから見たホワイトデールタオ ホワイトデー 通販

パテイシェから見たホワイトデー

.
ホワイトデーパテイシェのホワイトデーの仕事

 

ホワイトデーは大きなイベントです。男性客が多いと思いきや、女性が買いに来るのが結構多いです。
会社でもらった義理チョコのお返しに、奥さんが購入されるのでしょうね。

 

購入代金の客単価がとても多く、何万円と購入する人もいます。

 

クッキーの詰め合わせが特に多く、当日には生ケーキもよく売れます。生ケーキはやはり男性客が多くて、仕事の昼休み、帰り、仕事帰り、これは家族へのお返しだと思いますがかなり購入されます。

 

ホワイトデー

 

バレンタインパテイシェのバレンタインの仕事
バレンタインはお菓子屋にとって忙しいイベントになります。

 

女性のお客さん多し、ほとんど女性、本命チョコ、義理チョコハッキリ区別しています。チョコレートが1年で一番出るイベントです。1日中チョコレート製造です。仕事が終わると、家へ帰ってもチョコレートの匂いが取れません。

 

トリュフ、ボンボンショコラ、型抜きチョコ、チョコクッキー、チョコメレンゲなどなど、チョコレート関連の商品も一番作りますし、売上も桁違いに多いです。

 

バレンタイン

 

バレンタインケーキ店で1年のイベントを紹介しますと。

 

1.お正月(生ケーキ、焼き菓子詰め合わせがめちゃめちゃ売れます)年始のご挨拶で利用されるんですね。

 

2、バレンタイン

 

3.ホワイトデー

 

3、ひな祭り
女の子の節句ですね。やはりひな祭りデコレーションケーキがよく売れます。
でも最近は大きなケーキはあまり売れず、年々小さくなってきているようです。
核家族化が進んでいるんですね。きっと。
コンビニのデザートも、ケーキ屋さんにとっては脅威ですね。

 

あの値段でそこそこの味を出しているんですからね。ほんと侮れません。。

 

4.子供の日
子供の日は、ケーキ屋にとってはあまり関係ないようです。
ひな祭りと違ってあまりケーキ類は売れません。

 

おじいちやん、おばあちゃんが孫へとでコレーションケーキを購入するくらいです。
ほんとパッとしないイベントですね。

 

5、母の日
生ケーキが驚く程沢山売れます。
小さい子供がお小遣いでしょうか、小銭を握り締めてお母さんの為に買いに来るのはとても可愛いですね。
思わずおまけしちゃいます。。

 

前半の主なイベントはこれくらいでしょうか。
夏を迎え、暑くなるとケーキ屋はどこも暇になります。

 

後半はやはりクリスマスですね。

 

クリスマスの準備は、とても早くて10月位から始めます。
冷凍できるお菓子は冷凍して、チョコレートのパーツなども少しづつ溜め込んで行きます。

 

後はドバーッとクリスマスケーキを作るだけです。笑

 

クリスマス

 

 

クリスマス

 

パテイシェの一仕事を紹介

 

さて、パテイシェと言えば、子供の将来なりたい職業の上位に必ず表示されますね。

 

百貨店などでのお菓子屋さん、ガラス越しにキレイに生クリームを塗ったり、いちごを飾り付けたキレイな生クリームのショートケーキなど。
見た目は本当にキレイで華やかな仕事に見えますが、実際はそうではありません。

 

パテイシェという職業は、自分が思うには、世の中で一番ギャップのある仕事ではないでしょうか。

 

仕事内容は、そこらへんの土方さんと変わらない仕事、つまり肉体労働がほとんどなのです。

 

労働時間も長く、自分が今働いているお店は朝、5時から深夜10時、11時位まで働くのは当たりまえ。
休みも週1回、疲れて寝ている若い子達がほとんどですね。

 

洋菓子店も個人経営のお店がほとんどで、健康保険や厚生年金などの福利厚生も充分では無いところがほとんどではないでしょうか

 

今話題になっている残業代も支払われないブラック企業みたいなもんですね。

 

でもこんな仕事でもやりがいはあります。自分が作ったケーキを食べたり、見たりして喜んでもらえると本当に嬉しくなります。

 

なんだかんだで、高校卒業して大学入ったものの2ヶ月で中退、ホテルのバイトがお菓子のセクション、それから僕のパテイシェ人生が始まりましたね。
早37年ですね。まあ、年数だけということも言えなくはないですが・・・笑

 

定年までもう少し、コツコツ頑張ります!

 

>TPOページへ戻る


このページの先頭へ戻る